FANATIC REPORT ファナティックレポート

Thunderbolt™3外付けストレージのパフォーマンス評価

2019.11.29 ベンチマークレポート


Thunderbolt™3外付けストレージのパフォーマンス評価

Thunderbolt™3外付けストレージについて

Thunderbolt™3外付けストレージは、高速かつ手軽にPCの保存領域を拡張することができ、特に映像・放送業界での4K、8K素材を扱う用途として使用されています。

Thunderboltは、Intel社とApple社で共同開発された規格であり、写真や動画加工の作業で好まれるApple社製PC(Mac)との組み合わせで、多く使用されています。

しかしながら、Windows環境でも同様の作業が可能になりつつある昨今、ハードウェアをユーザーが自由に組み替えられるWindows製PCを使用するユーザーも増え、それにともないWindows PCでもThunderbolt3で接続できる外付けストレージの需要が高まってきています。

そこで、今回は、Windows PCとThunderbolt3ストレージを組み合わせ、パフォーマンス評価を実施いたしました。

評価環境

項目 型番 個数
CPU Intel® Xeon® Gold 6154 2
Motherboard GIGABYTE C621-WD12
(ボードRev. 1.0、BIOS. F4)
1
Memory DDR4-2666 Registered ECC 16GB 4
拡張カード GIGABYTE TITAN RIDGE 1
ストレージ BIOS Eclair PRO EP106TB3
(Firmware Ver. 1.00a 09E0)
※RAID6:8TB[SATA3]x6、容量32TB
1
OS Windows 10 Pro 1803 1

今回検証にご協力いただきました株式会社バイオス製「BIOS Eclair PRO EP106TB3」の情報は以下をご覧下さい。

 

製品URL:http://www.bios.co.jp/2_products/EclairPRO/EclairPRO_TB3-index.html

評価内容

検証で使用する「BIOS Eclair PRO EP106TB3」は、Thunderbolt3インターフェース以外にも、USB3.0及びeSATA接続に対応しています。
そこで今回は、Blackmagic Disk Speed TestをThunderbolt3接続での評価だけでなく、USB3.0接続での評価も行い、比較しました。

評価結果

テストデータ5GB(デフォルト)
【Thunderbolt3接続の結果】

 

【USB3.0の結果】

速度は、Thunderbolt3の方が高速であることはもちろんのこと、「Will it Work?」で合格している項目や、「How Fast?」のフレーム数においても、USB3.0での結果より約2倍向上していることがわかります。

まとめ

USB3.0接続から、Thunderbolt3接続の外付けストレージに変更することで、
より高速な環境を簡単に導入することができます。
4K動画など大きなデータをWindows環境にて扱っている、もしくは今後扱うことを考えられているお客様へお勧めできる構成となっております。

人気レポートランキング

レポートカテゴリ

製品カテゴリ