HOME > 品質への取り組み

品質への取り組み

工場案内

工場案内

大阪府東大阪市にある東大阪プロダクションセンターでは、高品質な製品を短納期でお届けするために、同時検査台数 約300台の設備と100V/100kVA,200V/50kVA余の電力設備を用意しており、物流・生産・開発・サポートまでを一貫して行っております。
弊社では多様化するお客様のニーズにマッチした製品づくりの為BTO(オーダーメイド)モデルを中心にご提案しております。
また各種OSの動作検証やお客様支給部材、ソフトウェアの組込や各種OSの動作検証など、お客様指定の検査についても積極的に行っております。


総合負荷試験

総合負荷試験1 総合負荷試験2

サーバに代表されるエンタープライズ製品には、過酷な環境下における信頼性こそが必要です。
ベンダー支給のユーティリティや診断ツールでは故障の判定に過ぎず、高負荷時に耐えられる保証にはなりません。
実際の稼働状態を想定した総合負荷試験では、演算、LAN通信、HDDのアクセス、RAIDアレイのリビルドなどを同時に行い、耐久性が証明された製品だけを出荷することで、お客様のニーズにお応えしています。

持込み機器の組み込みおよび動作確認

グラフィックカード、キャプチャボード、インターフェイスカードなどお客様持込みの拡張カードを、お客様機器で動作検証を行い、安心してご利用頂けることを確認してから出荷するサービスを実施しています。

使用予定OSでの動作確認

ハードウェアの組み合わせだけではBTOとは呼べません。
お客様の使用予定OSで動作確認をおこない、安心してご利用頂けることを確認してから出荷しています。
また、ご希望に応じた各種設定やユーティリティのインストールなど、運用開始までのコスト削減のお手伝いを致します。


トレーサビリティ

トレーサビリティ

長期間に渡り運用されるサーバでは、補修や拡張、構成変更が大きな課題となります。
使用された各コンポーネントのシリアル番号はもちろんのこと、拡張カードやHDDの装着位置、BIOS設定やリビジョンに至るまで出荷前にすべて記録し、製品毎に仕様が異なるBTO製品でも、後のメンテナンスや問い合わせに即対応できます。


製品・サービスのお問い合わせ、ご相談・お見積り