TOP MESSAGE ご挨拶

文化資本を創造し、
社会と共感する基盤づくりに一層注力していきます。

代表取締役 内 義弘

IMG

1993年12月、社内ベンチャーとして前身の事業を立ち上げて23年、2006年6月に分社創業してから、早いもので10年が経ちました。当社の現在があるのは、ひとえに皆様のご支援とご協力のおかげでございます。深く感謝申し上げます。

振り返れば、1993年はバブル崩壊後の長いデフレ不況の入り口にあたり、その後は、1995年の阪神淡路大震災、2008年のリーマンショックに端を発した世界的な不況、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震など、様々な出来事がありました。また海外でも、2001年9月に米国で起こった同時多発テロ、その後のアフガン・イラク戦争、アラブ諸国や新興国の民主化、中東の内戦とテロ、EU圏の信用不安など、様々な事件、災害、現象が起きました。

またIT技術の急速な発展も伴い、この20年で私たちを取り巻く環境は大きく変化しました。当社も、混沌として絶えず変化し続ける現場から変化を感じ、変化とともに進化することで、大きく変容しました。現在も環境は変化を続け、留まることはありません。

これからの20年に向けて「文化資本の創造 ― 社会と共感する基盤づくり」をコンセプトに、従業員一人一人が個々の知識や経験、常識を限界とせず、常に変化する環境の中で市場のニーズを感じ取り、社会の課題を共有し、新たに貢献できる領域を発見し、求められる製品・サービスの開発にチャレンジしながら進化発展いたします。

皆様の期待にお応えすべく、従業員一同これからも精進する所存です。今後とも皆様のご愛顧と、ご指導ご鞭撻の程を、何卒宜しくお願い申し上げます。

2017年3月吉日
代表取締役  内 義弘