よくあるご質問

ファナティックハード入替サービスについて

q1

2000や2003といった古いOSが動くハードウェアを、なぜファナティックは販売しているのでしょうか。

a

国内ではNT4.0、2000や2003といったレガシーOSのシステムは少なく見積もっても数万台は稼働しているといわれております。
ファナティック製ハードウェアの特徴のひとつに「長期供給」があり、今のシステムを使い続けたい(使わざるを得ない)お客様向けに、レガシーOSが動作する新品のサーバーやパソコンを長期に渡り製造・販売しております。

q2

本当にそのまま移行できるのでしょうか?なぜファナティックはできるのでしょうか?

a

はい、今のシステムをそのまま使い続けることができます。これまでの移行成功率は100%です。
国内オンリーワンのサービスで、ハードウェアメーカーだからこそ提供できる技術サービスになります。通常、P2P移行は、同機種間において実現できるものですが、弊社では、他社製サーバーからファナティック製サーバーへ移行できる技術を有しております。

q3

仮想環境への移行との違いを教えてください。

a

仮想環境への移行では、VMware等のソフトが加わりますので、運用面・コスト面に難があります。 更にお客様システムの全機能が正常動作するかの確認が必要となり、お客様の負荷だけではなく、結果的に高コストとなります。
一方、ファナティックの提案する「ファナティックハード入替サービス」は、ソフトウェア部分の追加や変更は一切なく、周辺機器も使い続けることができます。お客様の負荷はほとんどなく、短期間・低コストで確実に移行することできます。

q4

システムに詳しい人が社内におりません。どうしたらよいでしょうか。

a

まずはお問い合わせください。お客様に替わり、事前調査のお手伝いをさせていただきます。

現行環境について(ハード)

q1

どのメーカー製のコンピュータでも移行できますか?

a

はい、これまで全主要メーカーの製品で実績がございます。(HP、DELL、NEC、富士通、東芝、日立、IBM、ストラタス等)

q2

モデムやプリンタがついているんだけど大丈夫?

a

周辺機器の移行もお任せください。

q3

機械装置とのI/Fカードが装着されているんだけど大丈夫?

a

I/Fカードの型番・仕様をお知らせください。当社コンピュータに装着できるかを確認します。

q4

今のサーバー、RAID5なんだけど、移行できますか?

a

はい、お任せください。どのRAIDレベルでも移行可能です。

q5

Cドライブの残り容量が少なくなってきたので、この際、拡張することはできる?

a

Cドライブの空き容量が少なくなるとシステムの安定稼働に影響が出てきます。移行時にドライブ割り当て容量を拡張することは可能です。ご相談ください。

q6

最近、電源投入時にOSが起動しないことがあるんだけど、どうしたらよいでしょうか。

a

コンピュータの老朽化による事象かもしれません。ハードウェアは起動時が最も負荷がかかりますので、お早目にご相談ください。

q7

ハードディスクがクラッシュしてデータが見れない状態なのですが、何とかなりますか?

a

申し訳ございません。データ復旧はできかねます。

現行環境について(ソフト)

q1

OracleやSQLServerが動いているんだけど移行できますか?
某ソフトハウス社にオーダーメイドで作ってもらったソフトが動いているんだけど移行できますか?。
ERPなどのパッケージソフトが稼働しているんだけど移行できますか?。
稼働している業務ソフトは前任者が作ったので良く中身が判りません。それでも移行できますか?

a

お客様システムがどのようなソフトウェアで構成されていても移行は可能です。 パッケージソフトでは稀にライセンスをプロテクトするアダプタやソフトキーが付属されている場合があります。こちらの移行も可能です。ぜひご相談ください。

q2

業務ソフトをサポートしてくれているソフト会社へ承認を取った方がよいでしょうか。

a

移行にあたり既存サポート会社様へ依頼する作業は基本的にはございません。ただし検証作業などを依頼する場合は、事前にご相談いただくこともお勧めしております。

移行作業について

q1

移行完了までの期間はどの程度必要でしょうか。

a

一般的には約2ヶ月程度です。ただお急ぎの場合、ご相談ください。

q2

移行時にユーザー側で注意することはありますか?

a

移行作業時はシステムを停止させる必要があります。24時間稼働のシステムではご注意ください。

q3

移行元のイメージデータを採るときに工夫していることはありますか?

a

イメージデータ取得時は現行システムの停止が伴うため、イメージデータを正確かつ短時間で取得することが求められます。弊社では数種類の取得プログラムと短時間で取得できる自社製専用マシンを用意し、迅速かつ正確に取得するように準備しています。

q4

休日にしかシステムを停止できません。

a

土・日・祝日対応もしております。

q5

毎日忙しくて、今のシステムをどうするべきかの検討に時間が取れません。どうしたらよいでしょうか。

a

先延ばししすぎるとハードウェアの老朽化が進み、故障によるシステム障害発生の可能性が高まります。ファナティックの「P2P型ハード入替サービス」ならお客様の負荷は極めて少ないため、多忙な中でもきっちりとリスク対策が可能です。

q6

どんな会社で導入実績がありますか?

a

企業規模は大企業から中堅・中小企業まで、また業種も、製造業・流通サービス業・病院・学校まで実績がございます。

サポートについて

q1

保守体制はどうなっていますか?

a

万全の保守体制で全国対応しております。平日9-17時対応と24時間365日対応が可能です。

その他のお困りごとについて

q1

サポートが切れている古いOSを使い続けることについて、どう考えたらよいでしょうか。

a

インターネットに接続されていない業務システムであれば、OSのサポート終了後も継続利用する、という選択肢は十分あると考えます。 またサポート切れOSに対応したセキュリティ対策ソフトも充実しておりますので、それらを組み合わせることで、今のシステムを更に強化することができます。あわせてご提案させていただきます。

q2

毎日バックアップを採っているはずだけど、この機会に見直したい。

a

テープ装置を使用している場合、その取り回しに苦労されていると思います。最近はディスク装置にバックアップを取得できるレガシーOS対応の新しいバックアップソフトがありますので、あわせてご提案させていただきます。

q3

UPSも入れ替えたい。

a

NT/2000/2003に対応した自動スケジューリングソフトが付属したUPSがご提案可能です。

q4

移行可能なOSは、Windowsだけでなく、Linuxも可能でしょうか?

a

Linuxも可能です。RedHat2、CentOS3/4、MiracleLinux1など実績もございます。詳しくはお問い合わせください。

q5

”システム延命”というと、残り僅かしか稼働できないように感じます。何年使えますか?

a

機種によって異なりますが、5年はご利用いただける保守体制を整えております。
それ以上の長期利用をお考えの場合、どうぞご相談ください。

q6

P2VやV2Vの提案もしてもらえますか?

a

はい、可能です。

q7

ファナティックの移行サービスを選ぶかどうかわからないけど、一度話を聞いてみたい。どうしたらいい?

a

まずはお気軽にお問い合わせください。御社システム環境に最適な移行方法をご提案します。(提案には費用はかかりませんのでご安心ください)

IMG

無料ダウンロード

準備は進んでますか?
特別調査レポート

2020年1月14日のWindows Server 2008サポート終了にともなう更新計画を緊急アンケート

無料レポートを
今すぐ
ダウンロード