コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

AWSへの移行やAzureへの移行など、クラウドへシステムを移行することを躊躇するワケは?

2021.03.03


■AWSやAzureなどのクラウド移行で見落とせない視点

AWSやAzureなどのクラウドへ基幹システムを移行するケースが増えてきました。
AWSやAzureなどのクラウドへ移行すると自社でハードウェアを管理する必要がなくなるためメリットはありますが、大切な視点を見落とすと大事になることもあります。

Windows Server 2008で基幹システムを使うあるお客様は、ハードウェアの保守切れとOSのサポート終了を機にクラウドへの移行を考えていました。

マイクロソフト社が提供するAzureでは、Windows Server 2008のサポートが終了した2020年1月以降も最長3年間は無償でセキュリティ更新プログラムを提供する特別なキャンペーンがあったため、一時はAzureへ移行することで話が進んでいたそうです。

しかし3年後の2023年には、Windows Server 2008がAzureの動作保証OSから外される可能性が高いことに気がつきます。

AWSやAzureなどのクラウドへシステムを移行することを躊躇するワケは?

 

■いつまで使えるかはクラウド事業者側の都合

現時点では、Azure、AWS共に動作保証されているWindows Serverは2008 R2より後に発売されたバージョンのみとなっています。例えば2015年にサポートが終了したWindows Server 2003は動作しない。つまりAWSやAzureなどのクラウドへは移行できないことになります。

AWSやAzureなどのクラウドへ基幹システムを移行すると、顧客が希望するまでクラウド事業者側でシステムを運用してくれると思いがちですが、そこには勘違いがあります。

クラウド事業者側の都合で、いつのまにか動作保証OSが更新されてしまうことがあり、Windows Server 2008も同じく、2023年以降のどこかの時点で提供OSリストから外されて、ユーザーは最新OSへのアップグレードを強制的に求められることになります。(専用ホスト型にP2V移行すればWindows Server 2008は利用できるようですが、たいへん高額なプランへ移行しなければなりません)

先行きが不透明ななか、AWSやAzureに基幹システムを移行する前に、本当にその選択がベストなのか、他の方法が考えられないのか、をもう一度検討する必要があるのではないでしょうか。

 

■自由度の高いオンプレミス環境へのP2P移行という選択

企業には、まだ多くのWindows Server 2008などレガシーOSで稼働する基幹システムが稼働しています。いま残っているこれらのシステムは、多くのノウハウがちりばめられた自社業務に適合したシステムで、リプレースは簡単ではないということがあります。

今求められるDX実現をサポートすべき新システムは、時間に余裕を持って構想や開発を進めるべきで、わずか残り2,3年の時限付クラウドへ移行するのはリスクが高いといえます。

その点、オンプレミスのサーバーであれば、自社の都合にあわせて使い続けることも、新システムの稼働に合わせて廃棄するのも自由です。

こういったユーザーが探しているレガシーシステムの移行先として、オンプレミスの環境を提供できるのがP2P型やV2V型をはじめあらゆる移行方式をサポートする「ファナティック ハード入替サービス」です。

【関連サービス】
ファナティック ハード入替サービス

 

■コントロール可能でライセンス体系も変わらない

ユーザー自身がコントロールできる環境であるというメリットに加え、AWSやAzureなどのクラウド移行のように、ソフトウェアライセンスの体系も変わることもありません。

例えばオラクル社のOracleデータベース関連のライセンスは、クラウド化や仮想化すると高額な追加費用が発生することがユーザーにとって大きな負担となりますが、そのようなコスト面の心配も不要です。

多種多様な基幹システムを移行した豊富な経験と実績で、安定したオンプレミスのシステム基盤を維持したいという方は、ぜひ「ファナティック ハード入替サービス」にご相談ください。

 

【関連コラム】
レガシーシステムに紐づいたOracleライセンス問題

リホストとハードウェアマイグレーション

ファナティック
ハード入替サービス
まるわかりガイド

ダウンロードしてね

コラムは読んだけど、
「聞いたことがない方法だし、うまく移行できるのか心配だなぁ」
「知らない会社だけど大丈夫なの?」
「どんな企業が採用しているのだろう」
といった不安や疑問もありますよね。

そんな不安や疑問を払拭いただくために、
「ファナティック ハード入替サービス まるわかりガイド」
をぜひご覧ください。
ダウンロードは下記からどうぞ。(いわゆるくどい営業はしませんのでご安心ください)

IMG

会社名必須
お名前必須
E-mail必須
電話番号
- -

当お問合せページにご入力いただく個人情報につきましては、下記の通りの取り扱いとさせていただきます。
取り扱い内容につき、ご同意いただいた上で、ご提供下さい。
(JIS Q15001:2017の規程に準拠した内容を表記しております。)

1.事業者の名称
株式会社ファナティック

2.個人情報保護管理者の氏名、所属、及び連絡先
取締役ソリューション事業部長 斉藤 悦彦
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F
電話 (03)5212-1466

3.利用目的
・お問い合わせ・ご依頼への対応
・当社の製品・サービスおよび関連情報のご案内
・当社が主催、協賛するセミナー、製品説明会、展示会へのご案内

4.個人情報の提供
当社は、今回取得する個人情報につきまして、法令の定めなどにより、第三者に提供する場合があります。あらかじめ同意いただいた範囲を超えて、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の取り扱いを委託することについて
当社は、前記3の利用目的を達成するために必要な範囲内で、当社の個人情報保護基準に合格した委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。

6.個人情報に関する本人の権利(利用目的の通知・開示・訂正・追加・削除・利用又は提供の拒否等)
個人情報保護法に定められた開示等のご本人の権利を行使される場合は、法、及びJIS規格の定めるところに従って、適切に対応いたします。開示等のお取り扱いに関しては、当社WEBサイトをご覧頂くか、下記窓口にお問合せ下さい。
(開示等のご請求窓口)
株式会社ファナティック  個人情報に関するお問合せ窓口
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F  電話(03)5212-1466

7.ご本人が個人情報を提供することの任意性及び当該情報を提供しなかった場合にご本人に生じる結果
個人情報をご提供いただくことは、ご本人の任意です。しかし連絡先に関する情報をご提供いただけない場合には、お問合せにお答えできない場合がございます。あらかじめご承知おきください。

8.ご提供いただいた個人情報の取り扱い
当社では、ご提供いただいた個人情報を、JIS Q15001:2017に準拠した個人情報保護マネジメント
システムにより、漏洩・紛失などが無いよう安全管理策を実施し、適切に取扱います。

9.クッキーの利用について
当社WEBサイトでは、クッキーを利用していますが、これによりお客様の個人情報を取得することはございません。


入力頂いた情報は、個人情報保護法及び当社ガイドラインに基づき適切に管理いたします。
個人情報保護方針につきましては、以下のWEBサイトをご参照ください。
プライバシーポリシー  http://www.fanatic.co.jp/company/privacy/

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。