コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

レガシーシステムに紐づいたOracleライセンス問題

2020.03.05


 

■レガシーシステムの仮想化・クラウド化
物理環境で稼働する基幹システムのレガシー化が進んだ場合、VMwareやHyper-Vなどの仮想環境への移行(P2V)、またはAWSやAzureなどのクラウドサービスへの移行(P2Cloud)を検討されることが多いようです。

もし、物理環境のデータベースエンジンにOracle(オラクルデータベース)を利用したシステムを移行する場合には、Oracleのライセンスについて注意が必要です。

■ライセンスカウント~Oracleの場合~
オラクル社のFAQでは、サーバー仮想化ソフトウェア(VMware、Hyper-Vなど)を使用した際のライセンスカウントは、物理サーバーに搭載されている“全て”の物理プロセッサが、このライセンスカウントの対象になると記載されています。

つまり、現在の物理サーバー装置と移行先の仮想環境のプロセッサ数が異なる場合、移行先のプロセッサやコアの数に合わせて、ライセンスを再購入する必要があることを意味します。

クラウドへ移行する場合も同じく、クラウド側の環境に合わせたライセンスを再購入する必要があり、移行に関するトータルコストに強いインパクトを与えそうです。

■ライセンス再購入の無駄を省くには
そこで、物理環境から物理環境に移行するP2Pの出番です。

新しい物理環境には、現在のサーバー装置と同じプロセッサ数・コア数のCPUが搭載されたオーダーメイドサーバを用意しますので、Oracleライセンスの再購入などの余計な投資は不必要となります。

オーダーメイドサーバーメーカーのファナティックならではの提案力で、レガシーシステムの課題に新たな解決策を導き出します。

IMG

無料ダウンロード

準備は進んでますか?
特別調査レポート

2020年1月14日のWindows Server 2008サポート終了にともなう更新計画を緊急アンケート

無料レポートを
今すぐ
ダウンロード