コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

Notesを移行したいけど、離れられないのはなぜ?
使い続けざるを得ないと語るユーザーに聞いた実際のところ。

2019.02.01


多くの企業で長く使われているNotesですが、2018年12月の米IBM社の同製品の売却発表もあり移行を検討される方が多いようです。しかし、ある企業では総務部が自社の業務にあわせて作ったワークフローの本数が予想外に多く、これらが移行の障壁となって「離れたくても離れられない」とういうのが実状のようです。
 

■Notesの移行先候補は?
Notes移行に関する記事やITベンダーによる移行支援サービスの紹介ページでは、移行先として以下のようなグループウェア製品などが候補とされています。
・Microsoft SharePoint
・Microsoft Office365
・Google Apps
・Cybouz Office/Garoon
・Kintone
・desknet’s
・楽々WorkflowII
・X-point

いずれもグループウェアの基本機能を再現するだけであればNotesからの移行は比較的スムーズだが、Notes上で共有している企業のノウハウや業務上のナレッジを移すのは容易ではないことが指摘されています。
 

■移行が困難とされる理由
それは、自社の業務にぴったり合ったシステムを簡単に作れるというNotesの特徴によって、例えば、長年Notesを使い続けているうちに、総務部門の担当者が業務改善や効率化のために作ったワークフローがいつの間にか増え、かつ業務に欠かせないものとなっていることが背景としてあるようです。

実際、Notes移行を進めようとしたある企業では、総務部門に在籍していたITに明るいメンバーが中心となって作成した200本を超えるワークフローの存在が明らかになりました。


 

■移行作業の3つの方法とそれぞれの問題
これらを移行するために、
1)システム部門が移行作業を行う
2)総務部門が移行作業を行う
3)移行作業をベンダーに外注する
の3つの方法を検討しましたが、それぞれ以下のような問題があったため、いますぐの移行はあきらめざるを得ないという結論に至ったそうです。

1は、作業の無駄をなくすため利用実態を把握し、不要なワークフローは廃棄するといった絞り込みを行うこと、また移行対象のワークフローについても総務部門との仕様確認のためにドキュメント化といった作業がともなうため、多くの時間を割かなければならないことが予想されました。

2は、総務部門の負荷という問題です。これらのワークフローも片手間で作られたものであり、本業の時間を割いて移行作業の対応にあたることは難しく、状況によっては残業代などによるコスト増の可能性があります。

3は、費用対効果という点です。アウトソーシングする場合、一般的にそのコスト計算は本数×単価ということになります。問い合わせをしてみたところ、1本あたり2人日という概算見積を提示されましたが、そのコストが利用状況に照らして本当に効果的なのかどうか判断が難しいことがあげられます。

このようにNotesを他のシステムに移行したいけどなかなか踏み切れず、当面は継続して利用せざるを得ない、しかし、サーバーの老朽化や故障リスクが心配、保守契約が終了するハードウェアだけを入れ替えてNotesを延命し継続利用できないだろうかと考える企業様が増えているようです。ぜひお気軽にご相談ください。

ファナティック
ハード入替サービス
まるわかりガイド

ダウンロードしてね

コラムは読んだけど、
「聞いたことがない方法だし、うまく移行できるのか心配だなぁ」
「知らない会社だけど大丈夫なの?」
「どんな企業かが採用しているのだろう」
といった不安や疑問もありますよね。

そんな不安や疑問を払拭いただくために、
「ファナティック ハード入替サービス まるわかりガイド」
をぜひご覧ください。
ダウンロードは下記からどうぞ。(いわゆるくどい営業はしませんのでご安心ください)

IMG

会社名必須
お名前必須
E-mail必須
電話番号
- -

当お問合せページにご入力いただく個人情報につきましては、下記の通りの取り扱いとさせていただきます。
取り扱い内容につき、ご同意いただいた上で、ご提供下さい。
(JIS Q 15001:2006の規程に準拠した内容を表記しております。)

1.事業者の名称
株式会社ファナティック

2.個人情報保護管理者の氏名、所属、及び連絡先
取締役ソリューション事業部長 斉藤 悦彦
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F
電話 (03)5212-1466

3.利用目的
・お問い合わせ・ご依頼への対応
・当社の製品・サービスおよび関連情報のご案内
・当社が主催、協賛するセミナー、製品説明会、展示会へのご案内

4.個人情報の提供
当社は、今回取得する個人情報につきまして、法令の定めなどにより、第三者に提供する場合があります。あらかじめ同意いただいた範囲を超えて、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の取り扱いを委託することについて
当社は、前記3の利用目的を達成するために必要な範囲内で、当社の個人情報保護基準に合格した委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。

6.個人情報に関する本人の権利(利用目的の通知・開示・訂正・追加・削除・利用又は提供の拒否等)
個人情報保護法に定められた開示等のご本人の権利を行使される場合は、法、及びJIS規格の定めるところに従って、適切に対応いたします。開示等のお取り扱いに関しては、当社WEBサイトをご覧頂くか、下記窓口にお問合せ下さい。
(開示等のご請求窓口)
株式会社ファナティック  個人情報に関するお問合せ窓口
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F  電話(03)5212-1466

7.ご本人が個人情報を提供することの任意性及び当該情報を提供しなかった場合にご本人に生じる結果
個人情報をご提供いただくことは、ご本人の任意です。しかし連絡先に関する情報をご提供いただけない場合には、お問合せにお答えできない場合がございます。あらかじめご承知おきください。

8.ご提供いただいた個人情報の取り扱い
当社では、ご提供いただいた個人情報を、JIS Q15001:2006に準拠した個人情報保護マネジメント
システムにより、漏洩・紛失などが無いよう安全管理策を実施し、適切に取扱います。

9.クッキーの利用について
当社WEBサイトでは、クッキーを利用していますが、これによりお客様の個人情報を取得することはございません。


入力頂いた情報は、個人情報保護法及び当社ガイドラインに基づき適切に管理いたします。
個人情報保護方針につきましては、以下のWEBサイトをご参照ください。
プライバシーポリシー  http://www.fanatic.co.jp/company/privacy/

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。