コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

サポート終了となった「Windows Server 2008/2008 R2」
今でもバージョンアップのコスト等にお悩みの企業様はいませんか?

2020.09.18


■Windows Server 2008/2008 R2 サポート期限終了とは?

Windows Server 2008/2008 R2は、メインストリームサポートが2015年1月13日に終了し、その後の対策として実施された延長サポートも2020年1月14日で終了しました。このタイミングで、延長サポートによって無償で行われているセキュリティ更新プログラムの提供も終了となっています。

サポート終了後での使用については、セキュリティに関するリスク、脆弱性が指摘されることから、多くの企業では、Windows Server 2008/2008 R2で稼働する業務システムのOSアップグレードやシステム再構築といった、大掛かりなシステム刷新や対応が進められたようです。

 

■サポート終了にともなうシステム刷新の実態

サポート終了にともなうOSアップグレードやシステム再構築、あるいはこれをきっかけとしたクラウド移行を進めるケースもありますが、いずれも少なくはない構築費用がかかること、思った以上に移行のハードルが高いことなどが理由で、刷新を断念せざるを得ないという企業も多く見受けられました。

当社が独自に行った調査では、すでにサポートが終了した2008の前バージョンであるWindows Server 2003や2000の業務システムが現在も多く稼働していることの回答が得られました。当時、問題なく利用できているシステムを刷新することは困難であり、今もなお使い続けているという事実は無理な刷新が望まれていないということの裏付けではないでしょうか。

 

【関連情報(調査レポート)】
125社に実施したWindows Server 2008サポート期限終了にともなう業務システムの更新計画に関する意識調査

 

■Windows Server 2008/2008 R2を移行せず使い続けることはできる?

しかし、Windows Server 2008(2008年5月リリース)/2008 R2(2009年10月リリース)の発売時期から考えると、現在稼働しているシステムは10年に渡って使っていることになります。最大の懸念は、ずばり経年劣化によるハードウェアの老朽化という問題です。

OSやプログラムと違ってハードウェアには寿命があります。サポート終了後もシステムは運用し続けたいのだけど、動作が不安定でメーカーの保守サポートも終了している。やはり覚悟を決めて刷新しなければならないのでしょうか。

 

■新品ハードウェアにOSごと移行

この問題を解決するのが「ファナティック ハード入替サービス」です。ハードウェアメーカーという特徴を活かし、Windows Server 2008/2008 R2はもちろん、2003や2000が動作するハードウェアを製造することができます。

お使いの業務システムに最適なハードウェアをご用意し、この新しい環境にOSとアプリケーションをそのまま移行。OS再インストールやプログラム改修は一切行わず、いままでと何ら変わらない機能で業務システムを使い続けることができます。

 

■時間の猶予はできるが着手はお早めに

「低コスト」「短期」での更新が「ファナティック ハード入替サービス」の最大の特長ですが、システムの確実な移行のために、
○ヒアリングおよび調査
○ハードウェア企画・製造
○データ移行と検証
と段階をおって進めるため、ある程度の期間はどうしても必要であり、構成部品や製造ラインがすぐに確保できるとも限りません。

Windows Server 2008/2008 R2のサポートが終了し、OSの再インストールやプログラム改修をご検討しているなどございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

 

【関連情報・コラム】
Windows Server 2008サポート終了~延命対策サービスのご案内
Windows Server 2008で稼働する業務システムの継続運用(延命方法)について
 

ファナティック
ハード入替サービス
まるわかりガイド

ダウンロードしてね

コラムは読んだけど、
「聞いたことがない方法だし、うまく移行できるのか心配だなぁ」
「知らない会社だけど大丈夫なの?」
「どんな企業かが採用しているのだろう」
といった不安や疑問もありますよね。

そんな不安や疑問を払拭いただくために、
「ファナティック ハード入替サービス まるわかりガイド」
をぜひご覧ください。
ダウンロードは下記からどうぞ。(いわゆるくどい営業はしませんのでご安心ください)

IMG

会社名必須
お名前必須
E-mail必須
電話番号
- -

当お問合せページにご入力いただく個人情報につきましては、下記の通りの取り扱いとさせていただきます。
取り扱い内容につき、ご同意いただいた上で、ご提供下さい。
(JIS Q 15001:2006の規程に準拠した内容を表記しております。)

1.事業者の名称
株式会社ファナティック

2.個人情報保護管理者の氏名、所属、及び連絡先
取締役ソリューション事業部長 斉藤 悦彦
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F
電話 (03)5212-1466

3.利用目的
・お問い合わせ・ご依頼への対応
・当社の製品・サービスおよび関連情報のご案内
・当社が主催、協賛するセミナー、製品説明会、展示会へのご案内

4.個人情報の提供
当社は、今回取得する個人情報につきまして、法令の定めなどにより、第三者に提供する場合があります。あらかじめ同意いただいた範囲を超えて、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の取り扱いを委託することについて
当社は、前記3の利用目的を達成するために必要な範囲内で、当社の個人情報保護基準に合格した委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。

6.個人情報に関する本人の権利(利用目的の通知・開示・訂正・追加・削除・利用又は提供の拒否等)
個人情報保護法に定められた開示等のご本人の権利を行使される場合は、法、及びJIS規格の定めるところに従って、適切に対応いたします。開示等のお取り扱いに関しては、当社WEBサイトをご覧頂くか、下記窓口にお問合せ下さい。
(開示等のご請求窓口)
株式会社ファナティック  個人情報に関するお問合せ窓口
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F  電話(03)5212-1466

7.ご本人が個人情報を提供することの任意性及び当該情報を提供しなかった場合にご本人に生じる結果
個人情報をご提供いただくことは、ご本人の任意です。しかし連絡先に関する情報をご提供いただけない場合には、お問合せにお答えできない場合がございます。あらかじめご承知おきください。

8.ご提供いただいた個人情報の取り扱い
当社では、ご提供いただいた個人情報を、JIS Q15001:2006に準拠した個人情報保護マネジメント
システムにより、漏洩・紛失などが無いよう安全管理策を実施し、適切に取扱います。

9.クッキーの利用について
当社WEBサイトでは、クッキーを利用していますが、これによりお客様の個人情報を取得することはございません。


入力頂いた情報は、個人情報保護法及び当社ガイドラインに基づき適切に管理いたします。
個人情報保護方針につきましては、以下のWEBサイトをご参照ください。
プライバシーポリシー  http://www.fanatic.co.jp/company/privacy/

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。