コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

残る「NECオフコンA-VX」。使い続けるコツは。

2020.02.26


 

■A-VXシステムのハード保守期限は3月
2018年に、ファナティック ハード入替サービスでは、NECオフコンA-VXの移行に成功したことを発表しました。

このA-VXに関するご相談が、ここ数ヶ月の間増えています。その背景となっているのは、A-VXが稼働するNEC製のハードウェアNEC Express5800/600シリーズの保守部品の終了が3月末であることです。

 

■新パッケージ、マイグレーション、それとも…
A-VXのシステムは自社の業務に合うように作り込まれているため、汎用的な業務パッケージへの入れ替えは容易ではありません。また、マイグレーションといったオープン系COBOLへコード変換する方法もありますが、難所も多く、またSMART等の簡易言語には対応していないため、意外と高額になるケースが多いという声もお聞きします。

今後を見据えて新しいシステムに乗り換えるべく、次期システムの検討を重ねていたら、いつのまにかサポート終了する2020年3月を迎えてしまったという例も多いようです。

 

■システム開発会社様もお気軽にご相談ください
ファナティック ハード入替サービスであれば、A-VXシステム全体をまるごと新品のハードウェアに移行することで、当面の保守切れリスクからシステムを守ることができ、しばらく使い続けながら、あるべき新システムの姿を検討していただくための十分な時間をとることもできます。

A-VXシステムを利用されているエンドユーザー様だけでなく、ご提案されるシステム開発会社様からのお問い合わせも大歓迎です。限りあるリソースを新システムに割り当てていただくため、ぜひお気軽にご相談ください。

 

【関連コラム】
NEC A-VXシステムのP2P移行に成功 オフコンシステム資産の長期利用ニーズに対応

IMG

無料ダウンロード

準備は進んでますか?
特別調査レポート

2020年1月14日のWindows Server 2008サポート終了にともなう更新計画を緊急アンケート

無料レポートを
今すぐ
ダウンロード