コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

システム延命とは~企業を悩ます保守期限切れ問題と課題

2019.01.17


■企業を悩ませる保守期限切れとは
保守期限切れとは、EOSL(End of Service Life)やEOL(End of Life)ともいわれ、ハードウェア、ソフトウェア、OSなどに対するメーカーのサポートが終了することを言います。

現状、問題なく動くシステムであってもメーカー側が決めた保守期限を超えると様々なリスクを背負うことになり、どうしても企業は保守期限切れ対策をせざるをえません。

システムの保守期限には一般的に、Windows Server 2012やWindows Server 2008などのOS、ERPや販売管理ソフトなどのソフトウェア、サーバーなどのハードウェアそれぞれにあります。

システム延命とは~企業を悩ます保守期限切れ問題と課題

これらは各々のメーカーによって保守期限が設定されていますが、期限後も使い続けたいというユーザーに対しては多くの場合で延長保守が用意されています。

延長保守を利用することで、OSやソフトウェアでは更新プログラムの提供を受けることができ、ハードウェアであれば修理や故障部品の交換が引き続き受けられるため、安心して使い続けることができます。

延長保守により延命されるシステムは、往々にして基幹システムなどの重要な役割を担うシステムであることが多いため、簡単には他のシステムにリプレースができず、延長保守終了後もシステムを延命したいというニーズがあります。

OSやソフトウェアは劣化しませんので使い続けようと思えば使い続けることができますが、ハードウェアの世界には機器の信頼性を表すMTBFという指標もあるとおり、故障は避けて通れない問題といえます。

このため、保守期限切れの対策としても範囲が広いものからポイントを絞った方法まで、さまざまな選択肢があります。

 

■保守期限切れ対策にはどのような方法があるのか

まず代表的なのがレガシーマイグレーションです。このレガシーマイグレーションでは最新のオープン環境に移行するために、コンバージョンツールなど使いながらプログラムを変換し、システムを延命します。

とくに規模の大きいシステムで採用されますが、変換対象のプログラム本数が多い場合など、コストが高額になってしまうケースが多いと聞きます。また変換後の確認や検証にかかる工数もあらかじめ予想しておく必要があります。

また、オープン系のシステムでスタンダードな方法として多く利用されているのがVMwareやHyper-Vなどを利用した仮想化によるシステムの延命方法です。

レガシーマイグレーションのようなプログラム変換がないため移行時のコストは抑制できますが、ソフトウェアによってはライセンス形態が変わるため一時費用が負担になることを懸念される方も多いようです。

前述の方法は、どちらもシステムを延命するためにOSやプログラム部分に手が加わることやプログラムが動作する環境が変わることから、コストや工数が膨らんでしまいます。

これに対し、ハードウェアだけを更新するというポイントを絞った方法で、コストや工数を大幅に抑制しながらシステムを延命するというアプローチが用意されていることはご存知でしょうか。

 

■保守期限切れに有効なシステム延命の方法とは

ファナティックが考えるシステム延命とは、OSの保守サポート期限切れの後も、一切手をいれずに現行のシステムをそのまま使い続けることと考えています。それには3つの理由があります。

1つめは、長く使い続けているいまのシステムを延命したいと考える企業では、システムがブラックボックス化していることが多いためです。不明瞭な部分を解析するコストは膨大に膨らみます。

2つめは、大切な資産であるシステムを今のまま維持したいという声にできる限りお応えするということです。業務あるいは経営にインパクトのあるシステムであればあるほど、リプレース(更改)の時期を見極めたいという声が多くあります。システム延命はその時期に柔軟に対応できるようになります。

3つめが、無駄を省くことができることです。OSサポート終了にあわせてバージョンアップしたものの、できあがった新しいシステムは以前のものと機能的に大差なく、振り返れば果たして本当に必要な作業だったのかと疑問を呈した経営者の方がおられました。システム延命は無駄なシステムの作り直しを回避できます。

このような点を踏まえたシステム延命の具体的な方法を詳しく知りたいという方は、ぜひ下記からご覧ください。

【サービス紹介ページ】
ファナティック ハード入替サービス

ファナティック
ハード入替サービス
まるわかりガイド

ダウンロードしてね

コラムは読んだけど、
「聞いたことがない方法だし、うまく移行できるのか心配だなぁ」
「知らない会社だけど大丈夫なの?」
「どんな企業が採用しているのだろう」
といった不安や疑問もありますよね。

そんな不安や疑問を払拭いただくために、
「ファナティック ハード入替サービス まるわかりガイド」
をぜひご覧ください。
ダウンロードは下記からどうぞ。(いわゆるくどい営業はしませんのでご安心ください)

IMG

会社名必須
お名前必須
E-mail必須
電話番号必須
- -

当お問合せページにご入力いただく個人情報につきましては、下記の通りの取り扱いとさせていただきます。
取り扱い内容につき、ご同意いただいた上で、ご提供下さい。
(JIS Q15001:2017の規程に準拠した内容を表記しております。)

1.事業者の名称
株式会社ファナティック

2.個人情報保護管理者の氏名、所属、及び連絡先
取締役ソリューション事業部長 斉藤 悦彦
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F
電話 (03)5212-1466

3.利用目的
・お問い合わせ・ご依頼への対応
・当社の製品・サービスおよび関連情報のご案内
・当社が主催、協賛するセミナー、製品説明会、展示会へのご案内

4.個人情報の提供
当社は、今回取得する個人情報につきまして、法令の定めなどにより、第三者に提供する場合があります。あらかじめ同意いただいた範囲を超えて、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の取り扱いを委託することについて
当社は、前記3の利用目的を達成するために必要な範囲内で、当社の個人情報保護基準に合格した委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。

6.個人情報に関する本人の権利(利用目的の通知・開示・訂正・追加・削除・利用又は提供の拒否等)
個人情報保護法に定められた開示等のご本人の権利を行使される場合は、法、及びJIS規格の定めるところに従って、適切に対応いたします。開示等のお取り扱いに関しては、当社WEBサイトをご覧頂くか、下記窓口にお問合せ下さい。
(開示等のご請求窓口)
株式会社ファナティック  個人情報に関するお問合せ窓口
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F  電話(03)5212-1466

7.ご本人が個人情報を提供することの任意性及び当該情報を提供しなかった場合にご本人に生じる結果
個人情報をご提供いただくことは、ご本人の任意です。しかし連絡先に関する情報をご提供いただけない場合には、お問合せにお答えできない場合がございます。あらかじめご承知おきください。

8.ご提供いただいた個人情報の取り扱い
当社では、ご提供いただいた個人情報を、JIS Q15001:2017に準拠した個人情報保護マネジメント
システムにより、漏洩・紛失などが無いよう安全管理策を実施し、適切に取扱います。

9.クッキーの利用について
当社WEBサイトでは、クッキーを利用していますが、これによりお客様の個人情報を取得することはございません。


※ダウンロードページご案内のメールが届かない場合は、こちらより件名もしくは本文に「まるわかりガイド資料希望」とご記入の上、お申し込みください。

入力頂いた情報は、個人情報保護法及び当社ガイドラインに基づき適切に管理いたします。
個人情報保護方針につきましては、以下のWEBサイトをご参照ください。
プライバシーポリシー  http://www.fanatic.co.jp/company/privacy/

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。