コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

Windows Server 2012/2012 R2 サポート終了で、 全面刷新を決断する前に検討すべき対応方法とは

2020.08.12


■Windows Server 2012/2012 R2のサポート終了

Windows Server 2012/2012 R2は2023年1月10日にサポートが終了します。

このOSサポート終了時に対処しなければならないのが、後継OSへのバージョンアップです。バージョンアップをしない場合、何が問題なのかあらためて確認をしますと主に下記の2点があげられます。
1)新たに発見されたセキュリティの問題に対処するための修正パッチが適用されない
2)最新技術の利用やソフトウェアのバージョンアップができないかもしれない

 

■繰り返されるOSサポート終了によるシステム投資

これまでもOSバージョンアップにあわせてシステムを更新することがなかば常識化してきました。

もちろん、最新バージョンにしてシステム全体をリプレースするのがベストな選択ですが、はたして単純なOSのバージョンアップのために多額の投資をするべきなのか? おそらく多くの経営者は「No!」と答えるはずです。

これに対し、迫りくるOSサポート終了期限やハードウェアのメーカー保守満了に怯えるIT担当者は、どのように経営者を説得するか、頭を悩ましているのではないでしょうか。

しかし、新型コロナウイルス感染症によって世界中がニューノーマル時代へ強制的に移行したこの時代に、あるべき基幹システムとは、いまのシステムの枝葉部分を改良しただけの姿とは異なるはずです。

 

■慣習を見直して、ニューノーマル時代に対応を

いま大切なのは、ニューノーマル時代に適応する新しい基幹システムを構想・企画する時間をつくることではないでしょうか。例えば、デジタル技術を業務革新や新ビジネス創出に活用して、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組むことかもしれません。

そのためには、単純なバージョンアップに多額なコストや多くの工数をかけるようなこれまでのITライフサイクルの慣習を見直して、投資すべきシステムの濃淡を明確にしてみてはいかがでしょうか。

投資側のシステムと経費側のシステムを分けてみて、経費側のシステムの維持には極力コストと工数をかけない。そのために「ファナティック ハード入替サービス」を選択し、最小限のコストと工数で現行システムを維持しつつ、投資側のシステムであるデジタル技術を活用した全く新しいコンセプトの基幹システム構築にコストと時間をかけることができます。

過去を振り返るとWindows Server 2008のケースでもシステムの再構築に数年の期間が必要だった事例が多く見受けられました。そのような経験を踏まえると、システムを全面刷新するのか、それともそのまま維持するのか、いまから考え始めるのは決して早くはないと言えるでしょう。

 

■基幹システムを維持する方針が決まったら

いまの基幹システムを安全・安心に維持したいなら「ファナティック ハード入替サービス」がおすすめです。
ハードウェアメーカーという特徴を活かした国内唯一のサービスです。物理環境だけではなく、仮想化されている環境でも多くの実績があります。これまで500システム以上の移行実績があり、移行成功率100%を誇ります。ぜひ一度ご相談ください。

 

【関連コラム】
デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に欠かせないのは、現行システムの維持・負担コストの見直し

ニューノーマル時代に最適なIT投資を~DX推進のファーストステップ~

ファナティック
ハード入替サービス
まるわかりガイド

ダウンロードしてね

コラムは読んだけど、
「聞いたことがない方法だし、うまく移行できるのか心配だなぁ」
「知らない会社だけど大丈夫なの?」
「どんな企業かが採用しているのだろう」
といった不安や疑問もありますよね。

そんな不安や疑問を払拭いただくために、
「ファナティック ハード入替サービス まるわかりガイド」
をぜひご覧ください。
ダウンロードは下記からどうぞ。(いわゆるくどい営業はしませんのでご安心ください)

IMG

会社名必須
お名前必須
E-mail必須
電話番号
- -

当お問合せページにご入力いただく個人情報につきましては、下記の通りの取り扱いとさせていただきます。
取り扱い内容につき、ご同意いただいた上で、ご提供下さい。
(JIS Q 15001:2006の規程に準拠した内容を表記しております。)

1.事業者の名称
株式会社ファナティック

2.個人情報保護管理者の氏名、所属、及び連絡先
取締役ソリューション事業部長 斉藤 悦彦
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F
電話 (03)5212-1466

3.利用目的
・お問い合わせ・ご依頼への対応
・当社の製品・サービスおよび関連情報のご案内
・当社が主催、協賛するセミナー、製品説明会、展示会へのご案内

4.個人情報の提供
当社は、今回取得する個人情報につきまして、法令の定めなどにより、第三者に提供する場合があります。あらかじめ同意いただいた範囲を超えて、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の取り扱いを委託することについて
当社は、前記3の利用目的を達成するために必要な範囲内で、当社の個人情報保護基準に合格した委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。

6.個人情報に関する本人の権利(利用目的の通知・開示・訂正・追加・削除・利用又は提供の拒否等)
個人情報保護法に定められた開示等のご本人の権利を行使される場合は、法、及びJIS規格の定めるところに従って、適切に対応いたします。開示等のお取り扱いに関しては、当社WEBサイトをご覧頂くか、下記窓口にお問合せ下さい。
(開示等のご請求窓口)
株式会社ファナティック  個人情報に関するお問合せ窓口
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F  電話(03)5212-1466

7.ご本人が個人情報を提供することの任意性及び当該情報を提供しなかった場合にご本人に生じる結果
個人情報をご提供いただくことは、ご本人の任意です。しかし連絡先に関する情報をご提供いただけない場合には、お問合せにお答えできない場合がございます。あらかじめご承知おきください。

8.ご提供いただいた個人情報の取り扱い
当社では、ご提供いただいた個人情報を、JIS Q15001:2006に準拠した個人情報保護マネジメント
システムにより、漏洩・紛失などが無いよう安全管理策を実施し、適切に取扱います。

9.クッキーの利用について
当社WEBサイトでは、クッキーを利用していますが、これによりお客様の個人情報を取得することはございません。


入力頂いた情報は、個人情報保護法及び当社ガイドラインに基づき適切に管理いたします。
個人情報保護方針につきましては、以下のWEBサイトをご参照ください。
プライバシーポリシー  http://www.fanatic.co.jp/company/privacy/

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。