コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

ニューノーマル時代に最適なIT投資を~DX推進のファーストステップ~

2020.06.10


■IT投資とは

IT投資とは、業務効率化、コスト削減、システムの安定化、セキュリティの向上、ITを活用した新ビジネスの提案・開発などへかける費用のことをいいます。近年の情報技術の革新により、企業の予算におけるIT投資が占める比率も増加してきました。そしてこの IT 投資はこのデジタル時代において企業の競争力を左右する要因にもなってきており、意味のあるITシステムの導入や DX 推進のため、定量的に正しく投資判断することが重要となってきています。

IT投資と聞くと大規模なシステム導入等をイメージされることもあるかもしれませんが、その範囲は幅広いものがあります。例えば WEB を活用した情報発信もそのひとつで、多くの企業がこういったことへの取り組みを始めています。投資する金額の大小にかかわらず、その企業にとってコストを上回る効果がでれば有効なIT投資と言えます。

 

■IT投資におけるメリハリとは?

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業ではIT投資戦略の見直しを迫られています。
なかでもデジタル技術を活用したビジネス変革、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進こそ、混迷の時代の経営をサポートするIT投資のあるべき姿かもしれません。

しかし経営資源は有限です。IT投資においても無駄な経費は極限まで減らしつつ、DX等の成長が見込まれる分野には積極的に投資をする、そんなメリハリがより重要になってきます。

たとえば、旧来のバックオフィス系は経費側のシステムとして、新たな価値を生み出すデジタルトランスフォーメーション(DX)系は投資側のシステムとして位置づけてみましょう。

 

 

■IT投資で費用対効果が得られない理由

いま企業として投資すべきはDX推進など価値を生み出す“攻め”のシステムです。しかしながら、そのIT投資額、必要な人材・技術など、はっきりと見えないことが多く、そのストーリー策定に集中させる必要があります。

そのため“守り”のバックオフィス系システムに関するリソースは必要最小限に抑え、DX推進にリソースを割けるような効率的なIT投資比率や人員の配分を行う必要があるでしょう。

 

 

基幹系システムに代表されるバックオフィス系の多くは、サーバー装置の保守切れ、Windowsのサポート終了、パッケージソフトウェアのバージョンアップなどの様々な外的要因をトリガーとしてシステム全面刷新を繰り返しています。目的は外的要因への対処が中心のため、数千万~億のコストに見合った費用対効果を得られない事例が多いようです。

またコストだけでなく、バージョンアップにともなう他システムとの調整や試験工数が発生するため、予想以上のマンパワーと期間が必要となり、IT部門のリソース不足に拍車をかけており、対策が必要です。

 

■効率的なIT投資によるDX推進の最初のステップ

DX推進には、業務や経営の変革のためのデジタル技術の活用準備等に一定のコストが必要となります。そのため IT 投資においては、 DX推進への投資資金確保のため、バックオフィス系のシステムの維持コストをできるだけ抑えることが重要です。

ファナティック ハード入替サービスを活用し、無駄を見直ししてみませんか。
これまで500システム超の実績があり、移行成功率は100%です。すべてのお客様より高い評価をいただいております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

【関連コラム】
デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に欠かせないのは、現行システムの維持・負担コストの見直し

ファナティック
ハード入替サービス
まるわかりガイド

ダウンロードしてね

コラムは読んだけど、
「聞いたことがない方法だし、うまく移行できるのか心配だなぁ」
「知らない会社だけど大丈夫なの?」
「どんな企業が採用しているのだろう」
といった不安や疑問もありますよね。

そんな不安や疑問を払拭いただくために、
「ファナティック ハード入替サービス まるわかりガイド」
をぜひご覧ください。
ダウンロードは下記からどうぞ。(いわゆるくどい営業はしませんのでご安心ください)

IMG

会社名必須
お名前必須
E-mail必須
電話番号必須
- -

当お問合せページにご入力いただく個人情報につきましては、下記の通りの取り扱いとさせていただきます。
取り扱い内容につき、ご同意いただいた上で、ご提供下さい。
(JIS Q15001:2017の規程に準拠した内容を表記しております。)

1.事業者の名称
株式会社ファナティック

2.個人情報保護管理者の氏名、所属、及び連絡先
取締役ソリューション事業部長 斉藤 悦彦
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F
電話 (03)5212-1466

3.利用目的
・お問い合わせ・ご依頼への対応
・当社の製品・サービスおよび関連情報のご案内
・当社が主催、協賛するセミナー、製品説明会、展示会へのご案内

4.個人情報の提供
当社は、今回取得する個人情報につきまして、法令の定めなどにより、第三者に提供する場合があります。あらかじめ同意いただいた範囲を超えて、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の取り扱いを委託することについて
当社は、前記3の利用目的を達成するために必要な範囲内で、当社の個人情報保護基準に合格した委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。

6.個人情報に関する本人の権利(利用目的の通知・開示・訂正・追加・削除・利用又は提供の拒否等)
個人情報保護法に定められた開示等のご本人の権利を行使される場合は、法、及びJIS規格の定めるところに従って、適切に対応いたします。開示等のお取り扱いに関しては、当社WEBサイトをご覧頂くか、下記窓口にお問合せ下さい。
(開示等のご請求窓口)
株式会社ファナティック  個人情報に関するお問合せ窓口
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F  電話(03)5212-1466

7.ご本人が個人情報を提供することの任意性及び当該情報を提供しなかった場合にご本人に生じる結果
個人情報をご提供いただくことは、ご本人の任意です。しかし連絡先に関する情報をご提供いただけない場合には、お問合せにお答えできない場合がございます。あらかじめご承知おきください。

8.ご提供いただいた個人情報の取り扱い
当社では、ご提供いただいた個人情報を、JIS Q15001:2017に準拠した個人情報保護マネジメント
システムにより、漏洩・紛失などが無いよう安全管理策を実施し、適切に取扱います。

9.クッキーの利用について
当社WEBサイトでは、クッキーを利用していますが、これによりお客様の個人情報を取得することはございません。


※ダウンロードページご案内のメールが届かない場合は、こちらより件名もしくは本文に「まるわかりガイド資料希望」とご記入の上、お申し込みください。

入力頂いた情報は、個人情報保護法及び当社ガイドラインに基づき適切に管理いたします。
個人情報保護方針につきましては、以下のWEBサイトをご参照ください。
プライバシーポリシー  http://www.fanatic.co.jp/company/privacy/

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。