CASE 導入事例

独立行政法人理化学研究所様/
財団法人高輝度光科学研究センター様

ファナティックBTOサーバを、ORTスクリーンモニターシステム制御用サーバとして導入

業 種
研究所
企業規模
職員・研究員3500名
目的・課題
X線自由電子レーザー施設SACLAの基盤設備
独立行政法人理化学研究所様
財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)様


独立行政法人理化学研究所様と財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)様は、平成18年度から、共同でX線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAの建設を進められています。
XFELはナノ領域での構造と機能を直接的に観察するための光として、21世紀の科学技術を支える基盤として期待されています。

日本初のXFEL施設が完成、
愛称は「SACLA(さくら)」

原子の世界を詳細に映し出すわが国初のX線自由電子レーザー(XFEL)施設を、計画どおりの80億電子ボルト(8GeV)で運転し、波長0.8ÅというX線を発生、観測することに成功しました。
また、このXFEL施設の愛称を「SACLA(さくら)」と決定しました。
2011年6月7日、この施設で波長1.2 オングストロームのレーザー発振を実現し、同10日には世界最短波長である1.0 オングストロームのX線レーザーの発振に成功したとのニュースが日本中を駆け巡りました。

ファナティックBTOサーバはORTスクリーンモニターシステム制御用サーバとしてSACLAでご利用頂いております。

SACLAで稼働するファナティックのBTOサーバ

SACLAパンフレット8ページで当社の名前が掲載されました。
詳しくは理化学研究所様のHPをご覧下さい。

例えば、こんなご質問や
ご相談お待ちしています。
  • お客様に提案するサーバーを探している。
    仕様はある程度決まっているが他のパーツ選定や組み合わせの相談をしたい。
  • 予算内でハイスペックのハードウェアを選定したい。
  • 使うソフトウェアは決まっているので、適したハードウェアを提案してほしい。

お電話でのお問い合わせ・ご相談も
歓迎いたします。

東京
03-5212-1466
大阪
06-6125-5116

〈受付時間〉9:00〜18:00 
土日・祝日・年末年始休業日を除く

アカデミック価格について
ファナティックでは、教育・研究機関に対して、教育や研究の分野に役立つ製品を特別の価格で提供しています。
アカデミック製品をご注文頂く際の注意事項
製品の使用・納品先が国、地方公共団体、及び学校法人格を有するところ(小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校、盲学校、聾学校、養護学校、短期大学、大学院、専修学校、専門学校)で、支払い元が上記の学校・大学もしくは、公的機関である事が条件となります。
※写真はイメージです。 ※表示価格は、税抜価格となっております。 ※スペックおよび販売価格は予告無く変更する場合がございます。ご了承下さい。 ※このページに記載されている会社名、製品名は各社の商標です。