コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

Windows Server 2008/2008 R2サポート終了対策の特設ページを公開しました。

2018.08.15


・Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了スケジュールは?
・アップグレードを考えている新バージョンOSのサポートスケジュールは?
 
OSメーカーやクラウドサービスベンダーから、サポート終了前のシステム移行を推進するためのさまざまな施策の発表が活発化してきました。
終了日の2020年1月14日まで1年半を切ったいま、その対策に取り組む企業様の多くでは、クラウド環境への移行や全面的な刷新の具体的な計画策定や費用試算を進めておられるのではないでしょうか。

このサポート終了に対するご提案として「ファナティック ハード入替サービス」を展開していますが、ここでいま一度、
・サポート終了すると何が問題なのか
・企業の情報システムにおける現状は
・各企業では、サポート終了後の対処をどう考えているか
・調査でわかった使い続けるという選択
を整理し、考察すべき2つのポイントをあげ、当社サービスのメリットをご紹介していますのでぜひご覧ください。

また、本ページでは、前述の調査レポートを差し上げていますので、いますぐご一読いただき、まさにいまサポート終了後の対策を検討している、これから検討に入るという方の参考情報としていただければ幸いです。

>Windows Server 2008/2008 R2サポート終了対策特設ページ
Windows Server 2008/2008 R2サポート終了対策特設ページ

IMG

無料ダウンロード

準備は進んでますか?
特別調査レポート

2020年1月14日のWindows Server 2008サポート終了にともなう更新計画を緊急アンケート

無料レポートを
今すぐ
ダウンロード