FANATIC REPORT ファナティックレポート

【簡易マニュアル】RAID環境におけるSSD寿命診断方法

2012.03.01 簡易マニュアル


RAID環境にて、SSDの寿命診断を行う方法を記載します。

動作確認済RAIDカード

・LSI MegaRAID SAS 9265シリーズ (LSI 2208 ROC)
・LSI MegaRAID SAS 9280シリーズ (LSI 2108 ROC)

検証SSD

・Intel SSD320シリーズ

利用ソフトウェア

・smartmontools

設定手順

  1. smartmontoolsの最新版のソースをWEBから取得します。
  2. 取得したソースをコンパイルしてインストールします。
  3. MegaRAID Storage Managerより各SSDのデバイスIDを確認します。
  4. smatrctlコマンドを実行します。
    • (実行例)     ※***にデバイスIDを指定します。
      #/usr/local/sbin/smartctl -a -d sat+megaraid,*** -H/dev/sda
  5. 実行結果が表示されます。
    • ※参照する指標値
      • 232 Available_Reservd_Space
        予約領域の残っている数を表す。正規化した (Normalized) 値は、100 パーセントを表す 100 から始まる。正常の範囲は 10 パーセントまで。
      • 233 Media_Wearout_Indicator
        記録メディアであるフラッシュメモリーの使い込んだ程度を表す。
        平均消去回数が増えるにつれ、正規化した (Normalized) 値が 100 から 1 へ減少していく。

 

※ご注意事項
本簡易マニュアルは掲載時点での情報となります。

以上

人気レポートランキング

レポートカテゴリ

製品カテゴリ