~Microsemi Adaptec製RAIDコントローラ~

今回はAVAGO TECHNOLOGIES(旧LSI社)製と並んで
メジャーなRAIDコントローラメーカである
Microsemi Adaptec RAIDコントローラの管理ツール
「Adaptec Storage Manager」をご紹介します。

 

1. Adaptec Storage Managerの使い方

Maxview Storage Manager (旧Adaptec Storage Manager) は、
以下のURLで対象製品を選択し、Storage Managerの項から
ダウンロードを行って使用してください。

http://storage.microsemi.com/ja-jp/downloads/

Windows/Linux/VMware等各種OS用が用意されていますので
対応しているものを選択しインストールしてください。

詳細な利用手順は以下のURLにあります。

http://download.adaptec.com/pdfs/user_guides/
ja/asm_v6_00_users_guide_for_das_ja.pdf

以下に簡単な使い方をご紹介します。

 

1.1. Adaptec Storage Managerの起動方法

① Windowsの場合はスタートメニューより[プログラム]-
[Adaptec Storage Manager]-[ Adaptec Storage Manager]の順で、
管理画面を起動します。(Linux等でもGUI表示の場合は
デスクトップのアイコンをクリックして実行してください。)

②画面右側(下図、丸部分)にホストが一つだけ表示されますので、
それをダブルクリックします。

AdaptecStorageManager利用手順_図1

③User Name/Passwordを入力します。
この時、Windowsのログオンと同じものを指定してください。

AdaptecStorageManager利用手順_図2

パスワードが設定されていない場合、以下のメッセージが表示されますが、
そのまま[OK]をクリックしてください。

AdaptecStorageManager利用手順_図3

1.2. ハードディスクの状態確認方法

①[Controller 1]をクリックします。

AdaptecStorageManager利用手順_図4

②下記画面で[!]マークが表示されていなければ、HDDは正常に機能しています。

AdaptecStorageManager利用手順_図5

AdaptecStorageManager利用手順_図6

「Logical devices」にある矢印ボタンをクリックします。
RAIDアレイの状態が表示されますので確認します。

AdaptecStorageManager利用手順_図7

状態一覧
Optimal 正常な状態
Degraded 異常がある状態(使用可)
Failed 異常がある状態(使用不可)
Rebuilding 異常状態から復旧中

続けて「Connector 0」にある ボタンをクリックします。
HDDの状態が表示されますので確認します。

AdaptecStorageManager利用手順_図8

状態一覧
Optimal 正常な状態
Failed 異常がある状態(使用不可)
Rebuilding 異常状態から復旧中
Hot Spare 異常状態に備えたHDD
Ready 何も設定されていない状態

詳しい情報を見る為には、対象のディスクを選択→右クリック→
「Properties」を選択します。HDDの様々な情報が表示されますので、
「Status」をクリックして下さい。

AdaptecStorageManager利用手順_図9

「State」「S.M.A.R.T. error」の状態を確認し、
Optimal/Noである事を確認して下さい。
「S.M.A.R.T. error」がYESになっている場合は
速やかにHDDを交換して下さい。

 

2. HDD障害時の復旧手順

HDDに障害が発生した場合、アラーム音とともに、
障害HDDの赤色LEDが点灯します。

AdaptecStorageManager利用手順_図10

また、下記のような、「Adaptec Storage Manager Agent」という
タイトルのポップアップメッセージが画面に表示されます。
(メッセージは、状態により異なる内容が表示されます。)

AdaptecStorageManager利用手順_図11

また管理画面では、エラーの状態により内容に多少の
違いがありますが、[!]マークが表示されます。
アラームが鳴っている場合、この画面のメニュー部分の
[Silence]をクリックしていただくと、消音します。

AdaptecStorageManager利用手順_図12

上記の状態の場合、以下の手順で、HDDを交換してください。
また以下の操作はOSが稼働している状態で行ってください。

① 赤色LEDが点灯している、HDDトレイを取り外します。
② 外したHDDトレイからHDDを取り外し、新しいHDDに交換します。
③ 交換したHDDトレイを、元の場所に戻します。
④ 約2分間そのまま待機していただくと、RAIDの再構築が開始され、
HDDトレイの赤色LEDが点灯から点滅に変化します。
⑤ 赤色LEDの点滅が消灯すれば、RAIDの再構築は完了です。

稼働しているシステムのHDDへのアクセス頻度にもよりますが、
RAIDの再構築が完了するまで3~6時間ほどかかります。

*④の時点で交換しても赤色LEDが点滅に変化しない場合、
HDDの初期化がされていない可能性があります。
この場合、管理画面の[Physical devices]の交換したHDDに
下記のような マークが表示されていますので次の手順を実施してください。

AdaptecStorageManager利用手順_図13

[Physical devices]の[!]マークの表示されているHDD部分を右クリックし、
[Initialize]をクリックしてください。

AdaptecStorageManager利用手順_図14

下記の確認メッセージが表示されますので、[Yes]をクリックすると、
しばらくして赤色LEDが点滅に変化します。

AdaptecStorageManager利用手順_図15

 

3.追加したHDDをホットスペアに設定する手順

ホットスペアディスクを手動で再設定する場合、
下記の手順を実行します。

①HDDが正しく挿入されている事を確認します。
②Adaptec Storage Manager上より、
該当HDDが「Ready」表示となっている事を確認します。

AdaptecStorageManager利用手順_図16

③「Ready」状態のHDDを右クリックし
「Create hot-spare drive」を指定します。

AdaptecStorageManager利用手順_図17

④状態が「Hot spare」となっている事を確認します。

AdaptecStorageManager利用手順_図18

 

4.Adaptecのログ取得方法

解析用にログデータを採取するには、以下の手順で取得願います。

4.1 Adaptec Storage Managerでの取得

①メニューバーの「Events」を押し、メニューを表示させます。
②「File」から、「Save as」を選択し、保存先を指定します。
③指定した保存先にログがエクスポートされます。

4.2コマンドでの取得

①コマンドプロンプトを開きます。
②Adaptec Storage Managerのインストールフォルダに移動します。
※Windows OSでのデフォルトでは
“C:\Program Files\Adaptec\Adaptec Storage Manager”
③フォルダにarcconf.exeがあることを確認します。
④以下のコマンドを実行します(xxx.logは例です)
ARCCONF GETLOGS 1 UART > xxx.log
⑤arcconf.exeと同じ階層にログが生成されます。

⑥また、以下のコマンドを実行するとより細かいログが作成できます。
(メーカー解析用)
ARCCONF SAVESUPPORTARCHIVE
⑦arcconf.exeと同じ階層にSupportフォルダが作成されます。
Supportフォルダ以下にログファイルが保存されます。
※問合せ等で送付頂く際は、Zipコマンド等でまとめてお送りください。

 

【総括】
「6/6Eシリーズ」以降の標準管理ツールはMaxview Storage Managerに
移行していますが、Adaptec Storage Managerをご利用のお客様からの
お問合せも多くいただいております。
そこで今回はAdaptec Storage Managerについてご紹介いたしました。

※Adaptec Storage Managerは「5シリーズ」以前の標準管理ツールです。

ハードウェアの障害が発生した際、症状切り分けのため弊社よりログの
採取をお願いする場合もございます。その際はご紹介した手順を実施ください。
ご要望、ご不明な点がございましたらぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

【関連コンテンツ】
RAIDコントローラ 管理ツールのご紹介

第1回 WebBIOS/MegaRAID Configuration Utility
第2回 MegaRAID Storage Manager
第3回 StorCLI

⇒お問合せはこちらから!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ
BTO for your success