FANATIC REPORT ファナティックレポート

Storage Space Directによる自由なストレージ設計【第2回】(後編)

2021.11.30 新技術


Storage Space Directによる自由なストレージ設計

前回(第1回)は、S2Dを使ったフェールオーバークラスターの概要と構築例を紹介いたしました。今回は、S2Dの構成に応じた障害耐性や、障害時の復旧操作について紹介いたします。

目次

3.ノード障害の復旧作業

4.使用例について

5.まとめ


前編目次

1.構成に応じた障害耐性について

2.ディスク障害の復旧操作について

 

3.ノード障害の復旧操作について

■GUIでの操作

(1)ノード状態の確認
①ノードの状態は、「フェールオーバークラスターマネージャー」で「ノード」を選択すると確認可能です。
画像の例ではnode02に障害が発生しています。

 

②ノード障害に伴うディスク障害の状態を確認します。
画像の例では、node02配下のディスク3台が見失われています。

 

(2)ノード状態の確認
①クラスターのメンバーと同じハードウェア構成のノードを用意し、クラスタードメインに参加させます。

 

②フェールオーバークラスターマネージャーから「ノードの追加」を選択します。

 

③ノードのコンピュータ名を指定して追加します。
画像の例では、「node04」というノードを追加しています。

 

 

 

(3)追加されたノードの確認
①フェールオーバークラスターマネージャーの「ノード」を開き、一覧に新たにノードが追加されていることを確認します。
画像の例では、「node04」が追加されています。

 

(4)障害が発生しているノードをクラスターから取り除く
①「フェールオーバー」で対象のノードを選択。「右クリックメニュー」→「他のアクション」→「削除」を選択します。

 

(5)取り除いたノード配下のディスクを取り除く
①障害ノードをクラスターから取り除いても、ディスクのメタデータがクラスターに残ったままになっています。

 

②Remove-PhysicalDiskコマンドで障害ディスクをストレージプールから取り除きます。
先に記載しました「2.ディスク障害の復旧操作について – (3)障害ディスクをストレージプールから取り除く」と同様の手順にて、ディスクをストレージプールから取り除きます。

 

■コマンドラインでの操作

(1)ノード状態の確認
①Windows PowerShellを起動し、 Get-Clusternodeコマンドでノードの状態を確認します。
画像の例ではnode02に障害が発生しています。

 

②Get-PhysicalDiskコマンドにて、ノード障害に伴うディスク障害の状態を確認します。
画像の例では、node02配下のディスク3台が見失われています。(「Lost Communication」状態)

 

(2)新しいノードの追加
GUI操作でフェールオーバークラスターマネージャーから同一ハードウェア構成の新しいノードを追加します。
※[2.ノード障害の復旧操作について]-[■GUIでの操作]-[(2)新しいノードの追加]をご参照ください。

 

(3)追加されたノードの確認
①Windows PowerShellを起動し、 Get-Clusternodeコマンドでノードの状態を確認します。
画像の例では、node02が「down」(=障害発生)、node04が「up」(=追加)されています。

 

②Get-PhysicalDiskコマンドを実行すると、追加されたノード配下のディスク3台が「CanPool: True(=プールに追加可能)」として表示されています。

 

(4)障害が発生しているノードをクラスターから取り除く
①Remove-Clusternodeコマンドでノードをクラスターから取り除きます。
下記の例では、”s2dcluster”から”node02”を取り除いています。
ノードとの通信が出来ない状態でRemove-Clusternodeコマンドを実行すると警告が表示されますが、処理は完了します。
例: > Remove-Clusternode -cluster “s2dcluster” -name “node02”
※画像をクリックすると拡大します。

 

②再度Get-Clusternodeコマンドを実行すると、node02が表示されなくなっています。

 

(5)取り除いたノード配下のディスクを取り除く
①障害ノードをクラスターから取り除いても、ディスクのメタデータがクラスターに残ったままになっています。

 

②Remove-PhysicalDiskコマンドで障害ディスクをストレージプールから取り除きます。
先に記載しました「2.ディスク障害の復旧操作について – (3)障害ディスクをストレージプールから取り除く」と同様の手順にて、ディスクをストレージプールから取り除きます。
※画像をクリックすると拡大します。

 

 

4.使用例について

S2Dの構成に応じて特性が異なるため、適した用途も異なります。

回復性オプション 最小ノード数 容量効率 障害の許容値
(ノード/ディスク障害)
使用例
双方向ミラー 2 50% 1 データが消えても問題なく、
書き込み性能が必要な用途
3方向ミラー 3 33.3% 2 ある程度の可用性と書き込み
性能が必要な用途
シングルパリティ 3 66.6%
(最小ノード時)
1 データが消えても問題なく、
容量が必要な用途
デュアルパリティ 4 50%
(最小ノード時)
2 ある程度の可用性と、
容量が必要な用途

5.まとめ

S2D機能は、用途に応じて適切なサーバー構成や冗長性を選択することで、高い拡張性とパフォーマンスを発揮することができます。S2D構成のサーバーをご検討の際は、当社にお問合せいただけますでしょうか。

以上

機械学習 オーダーメイドで応える、NVIDIA® RTX™ A6000搭載 ワークステーション・サーバー

人気レポートランキング

レポートカテゴリ

製品カテゴリ