コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

【事例紹介】ESPIシステムの制御用パソコンの入替

2017.09.11


お客様:自動車部品製造業

先日、独Carl Zeiss Optotechnik GmbH 社製ESPI system制御用パソコンのP2P移行作業を行い、問題なく完了しました。

OSはWindows 2000 Professional(英語版)で、導入後10年以上経過していましたが、いよいよハードウェアの不具合が散見されるようになったため、お声をかけていただきました。

P2P本番移行作業後に、ドングル(ハードウェアキー)を差替えて、レーザーシステムとの接続動作検証をいただきましたが、全く変わりなく動作している、とお言葉をいただきました。

これまで古くなったハードウェアを入れ替えるには、システム全体を最新OSへ対応させる必要があり、不必要なコストがかかっていました。
長寿命である機械装置と、制御用パソコンの寿命のギャップにお悩みの方も多いかと存じます。ぜひお気軽にご相談ください。


ファナティックの「P2P型ハード入替サービス」は、ソフトウェア部分はそのままに、ハードウェアだけを新品へ入れ替えて、今の業務システムは何も変えずに使い続けることができる日本で唯一の移行サービスです。
https://www.fanatic.co.jp/product-solution/p2p/
 

IMG

無料ダウンロード

準備は進んでますか?
特別調査レポート

2020年1月14日のWindows Server 2008サポート終了にともなう更新計画を緊急アンケート

無料レポートを
今すぐ
ダウンロード