コラム

株式会社ファナティックが提供する
『ファナティック ハード入替サービス』に関するコラム。 サポートが切れたWindowsやLinuxOSで稼働するシステムを使い続ける上で、 お役に立つ技術情報、お客様事例などを発信します。

ハードウェアの老朽化に最小コストで対応する方法とは

2019.02.16


■老朽化したハードウェアを使い続けるリスクとは
基幹システムなどの重要なシステムは、自社でサーバーを用意し管理するオンプレミスで運用している企業はいまも多くあると思います。

とくに企業独自の強みが反映されているシステムでは、カスタマイズの要件に対して柔軟かつ臨機応変に対応できることが求められこともあり、オンプレミスであることはその企業にとって大変重要な意味を持ちます。

重要なシステムであることから365日フル稼働しているという企業も多く、オンプレミスで稼働するサーバー(ハードウェア)の故障、とくに駆動部品を使っているハードディスクのドライブや冷却ファンのモーターなどの経年劣化には注意しなければなりません。

WindowsやLinuxで構築するシステムで利用するサーバーは、10年を超えて使われることも珍しくなく、いまは動いているから大丈夫だろうと高を括っていると、ある日突然ということも起こり得ます。

ハードウェアの老朽化に最小コストで対応する方法とは

安心して使い続けるためにはメーカーとの保守契約を締結して不測の事態に備えることも欠かせませんが、ハードウェアに対応する保守・交換用の部品の入手は時間の経過とともに困難になります。

中古部品を利用して対応する方法もありますが、いつ壊れるかわからない部品を使用することに対する不安が拭えず断念したということも聞きます。

 

■ハードウェアの老朽化によるリスクは回避したつもりが

ハードウェア老朽化のリスクを回避するためにとられる方法がクラウドへの移行です。基幹システムも、オンプレミスかクラウドかといわれるようにクラウドで運用していくことがすでに一般化しています。

クラウドに移行すれば、オンプレミスでのサーバー利用と異なり、ハードウェア老朽化による故障などの心配がなく、またメーカーとの保守契約も必要ありません。さらに運用の負荷が軽減できることも大きなメリットとされています。

しかし、CPU単位での課金など、ソフトウェアのライセンス体系がクラウド向けになっていない場合、気づかないうちにスケールアウトの機能が働いて、ライセンス規約に違反していたということも起こり得ます。

ハードウェア老朽化によるリスクは回避できるとしても、別のリスクやデメリットが生じる可能性はないか検討することは必要で、とくにコスト面ではクラウドに乗せた結果コストが高くなることがないかも確認するべきでしょう。

またクラウドの場合、事業者側の都合でバージョンアップされてしまうことも注意が必要です。アプリケーションが新バージョンに対応しているか事前に調査や十分な検証ができれば安心ですが、必ずしも時間的な余裕があるとも限りません。

 

■移行のリスクをできるだけ回避しコストも抑えるなら

ハードウェアの老朽化に焦点をあてた有効な対応策として、ハードウェアだけを新品に入れ替えるという方法があります。しかし、現時点で入手可能なハードウェアでは、前世代のレガシーOSやソフトウェアがサポート対象外となっていることが問題となります。

このため、新たに調達するハードウェアがサポートするOSにバージョンアップし、ソフトウェアを再セットアップすることが一般的で、その作業は多くの場合、老朽化したハードウェアで動作しているいまのシステムを開発したITベンダーに依頼することが多いのではないでしょうか。

ソフトウェアに手を入れず、いわば素のまま使っていればバージョンアップの作業はスムーズに進みますが、冒頭でも触れたようにカスタマイズが施されている場合は、想定以上の工数と費用になることもあります。

このような問題を解決するため、前世代のレガシーOSやソフトウェア資産をそっくりそのまま、何も変えずにハードウェアだけを新品に入れ替えるという独自の方法でサービスを展開している、ハードウェア・メーカーがあります。

いま使っているシステムで、起動までの時間が長くなってきた、操作に対する応答が遅くなってきた気がする、ディスクの容量が足りなくなりそうなどの不安を確実に解消でき、当面の間、現在のシステムを安心して使い続けることができます。

Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2012/2012 R2などのOSを使ったシステムでのハードウェア老朽化対策として採用された多くの実績もあり、バージョンアップするよりも格段に少ない工数と費用でいまのシステムを使い続けることができる方法として、ハードウェア老朽化の問題を解決できるでしょう。

【サービス紹介ページ】
ファナティック ハード入替サービス

ファナティック
ハード入替サービス
まるわかりガイド

ダウンロードしてね

コラムは読んだけど、
「聞いたことがない方法だし、うまく移行できるのか心配だなぁ」
「知らない会社だけど大丈夫なの?」
「どんな企業が採用しているのだろう」
といった不安や疑問もありますよね。

そんな不安や疑問を払拭いただくために、
「ファナティック ハード入替サービス まるわかりガイド」
をぜひご覧ください。
ダウンロードは下記からどうぞ。(いわゆるくどい営業はしませんのでご安心ください)

IMG

会社名必須
お名前必須
E-mail必須
電話番号必須
- -

当お問合せページにご入力いただく個人情報につきましては、下記の通りの取り扱いとさせていただきます。
取り扱い内容につき、ご同意いただいた上で、ご提供下さい。
(JIS Q15001:2017の規程に準拠した内容を表記しております。)

1.事業者の名称
株式会社ファナティック

2.個人情報保護管理者の氏名、所属、及び連絡先
取締役ソリューション事業部長 斉藤 悦彦
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F
電話 (03)5212-1466

3.利用目的
・お問い合わせ・ご依頼への対応
・当社の製品・サービスおよび関連情報のご案内
・当社が主催、協賛するセミナー、製品説明会、展示会へのご案内

4.個人情報の提供
当社は、今回取得する個人情報につきまして、法令の定めなどにより、第三者に提供する場合があります。あらかじめ同意いただいた範囲を超えて、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の取り扱いを委託することについて
当社は、前記3の利用目的を達成するために必要な範囲内で、当社の個人情報保護基準に合格した委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。

6.個人情報に関する本人の権利(利用目的の通知・開示・訂正・追加・削除・利用又は提供の拒否等)
個人情報保護法に定められた開示等のご本人の権利を行使される場合は、法、及びJIS規格の定めるところに従って、適切に対応いたします。開示等のお取り扱いに関しては、当社WEBサイトをご覧頂くか、下記窓口にお問合せ下さい。
(開示等のご請求窓口)
株式会社ファナティック  個人情報に関するお問合せ窓口
住所 東京都千代田区五番町1-11 五番町TMビル3F  電話(03)5212-1466

7.ご本人が個人情報を提供することの任意性及び当該情報を提供しなかった場合にご本人に生じる結果
個人情報をご提供いただくことは、ご本人の任意です。しかし連絡先に関する情報をご提供いただけない場合には、お問合せにお答えできない場合がございます。あらかじめご承知おきください。

8.ご提供いただいた個人情報の取り扱い
当社では、ご提供いただいた個人情報を、JIS Q15001:2017に準拠した個人情報保護マネジメント
システムにより、漏洩・紛失などが無いよう安全管理策を実施し、適切に取扱います。

9.クッキーの利用について
当社WEBサイトでは、クッキーを利用していますが、これによりお客様の個人情報を取得することはございません。


※ダウンロードページご案内のメールが届かない場合は、こちらより件名もしくは本文に「まるわかりガイド資料希望」とご記入の上、お申し込みください。

入力頂いた情報は、個人情報保護法及び当社ガイドラインに基づき適切に管理いたします。
個人情報保護方針につきましては、以下のWEBサイトをご参照ください。
プライバシーポリシー  http://www.fanatic.co.jp/company/privacy/

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。